PR
スポンサーリンク

おばさんぽくない髪型。60代で若く見える素敵な髪形や手入れが楽、やってはいけない髪形を解説!

美容
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「おばさんぽくない髪型」とは、60代女性が若々しく見える素敵なヘアスタイルを指します。

手入れが楽なヘアスタイルや、ミディアムレイヤー、ショートヘア、前髪ありのスタイルなど、個性的で魅力的なヘアスタイルがあります。ま

た、ウィッグを使ったヘアスタイルも手軽でおすすめです。

ここからは、若く見える60代の素敵なヘアスタイルを詳しくご紹介するので、是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

若く見える60代の素敵なヘアスタイルを解説

60代でも若々しい印象を与えるヘアスタイルには、さまざまなタイプがあります。以下に一例をご紹介します。


ボブカット
長さはあご下までで、毛先を内側に巻いたら、柔らかな印象が演出できます。また、髪の毛をちょうど耳より少し上でカットすることで、顔周りをスッキリと見せることができます。


ショートヘア
自然なウェーブを出したショートヘアは、クールでエレガントな印象を与えます。毛先を内巻きにすることで、より華やかなイメージにすることもできます。

レイヤースタイル
髪の毛にレイヤーカットを入れることで、軽やかな印象が演出できます。また、前髪をカットすることで、より若々しい印象を与えることができます。

ミディアムヘア
ミディアムヘアをレイヤーカットにすることで、柔らかな印象を与えることができます。また、前髪をカットして眉毛よりも短めにすることでスッキリとした印象を与えることもできます。

アップヘア
アップヘアにすることで、清潔感や品のある印象を与えることができます。前髪をフレンチ風にまとめることで、よりエレガントな印象を演出することもできます。

以上、いくつかの若々しい60代向けヘアスタイルの例を挙げました。個人のスタイルや髪質、顔型に合わせて、より自分らしいヘアスタイルを見つけてみてください。

おばさんぽくない髪形60代のショートで解説

60代の方でもおばさんぽくない、おしゃれなショートヘアのスタイルはたくさんあります。

なので、一例をあげてご紹介します。


ショートボブ
髪の毛を襟足や耳にかけるのではなく、あえてショートボブにすることで、クラシックになりすぎず、シックでトレンド感のある印象になります。グラデーションカットやレイヤースタイルなど、アレンジも可能です。


ショートボウルカット
ボウルカットは60年代〜70年代に流行したヘアスタイルで、クラシカルな印象があります。

しかし、髪の毛を繊細にカットしたり、毛量を調整することで、現代的なスタイルも実現できます。前髪をカットすることで、より華やかな印象を与えることもできます。


エッジィショート
レイヤーカットやアンダーカットすることで、軽やかな印象を与えつつ、エッジィ感を演出できます。毛先を内巻きにすることで、よりフェミニンな印象にすることもできます。


パーティーショート
上部を軽くカットして、毛先を丸くカールさせることで、パーティーなどの特別なイベントに参加するときにも使えるショートスタイルです。

また、前髪をシースルーにカットしておさえることで、若々しい印象も演出できます。


以上、60代の方でもおばさんぽくない、おしゃれなショートヘアのスタイルの一例をご紹介いたしました。

ヘアスタイルは個人のお好みや髪質、顔型に合わせて選ぶことが大切です。また、気になるスタイルがある場合は美容師さんに相談するのも良いでしょう。

おばさんぽくない髪形60代のミディアムボブで解説

60代のミディアムボブでも、おばさんぽくないおしゃれな髪型を実現できます。以下は、いくつかの例です。


レイヤースタイル
レイヤースタイルは、軽やかな印象を与えることができます。特に、軟らかなウェーブを加えてスタイリングすると、自然でエレガントな印象を与えることができます。

フレンチカット
顔周りをシャープに見せつつも、女性らしい優雅さを演出することができるヘアスタイルです。ボブスタイルにフレンチカットを加えることで、より個性的でおしゃれなイメージを作ることができます。


ミディアムカール
毛先に毛束ごとのカールを加えることで、自然なウェーブが印象的なヘアスタイルです。カールの大きさは、個人の好みや髪質に合わせて調整することができます。


ロングボブ
ミディアムとロングの中間くらいの長さのヘアスタイルです。中間くらいの長さは、ヘアスタイリングの幅を広げることができます。

また、軟らかなウェーブを加えることで、より柔らかな印象を与えることができます。


ショートフリンジ
前髪を短くカットすることで、フレッシュでオリジナルな印象を与えることができます。側面にはレイヤーを加えて、より軽やかで自然な印象を演出することができます。


以上、60代のミディアムボブでもおばさんぽくなくおしゃれな髪型の例を挙げてみました。個人のスタイルや髪質、顔型などに合わせて、自分に似合う髪型を見つけてみてください。

おばさんぽくない髪形60代のかっこいいベリーショートで解説

60代のかっこいいベリーショートには、以下のような髪形があります。

テーパーカット
耳元や襟足の部分をシャープにカットして、ボリュームが出すぎないようにするのがポイントです。上部にはレイヤーカットを入れることで、さらに軽快な印象を演出できます。

ショートモヒカン
周囲よりも長めにカットした上部の髪を、中央に癖をつけて、オールバックにするスタイルです。側面はテーパーカットで軽さを演出することで、アクティブな印象が出ます。

パーマショート
髪の毛にパーマをかけることで、軟らかく自然なウェーブを持たせたスタイルです。くせがなくストレートな髪質の場合はスタイリング剤を使用して、ウェーブをつくります。

フェードカット
刈り上げた部分から上へ向けて、徐々に長さを増やしていく、フェードカットと呼ばれるカット方法を取り入れたベリーショートスタイルです。顔周りをシャープに見せつつ、ボリューム感を少し残すことで、抜け感が出ます。

ベリーショートアフロ
髪の毛を自然に拡がらせた、ボリューミーなアフロスタイルです。正面から後ろにかけて、徐々にボリュームを下げるようにカットすることで、全体的にバランスがとれたアフロスタイルが完成します。

以上、60代のかっこいいベリーショートに似合う髪型の例を紹介しました。自分に合う髪型を見つけて、より自分らしいスタイルを楽しんでください。

おばさんぽくない髪形60代のミディアムレイヤーで解説

60代のミディアムレイヤーでも、おばさんぽくないおしゃれな髪型を実現できます。

以下は、いくつかの例です。

ナチュラルレイヤー
自然なウェーブを引き出すようにヘアカットしたり、レイヤーを入れたりして、ヌケ感や動きを出すスタイルです。ふんわりとした印象を与えることができます。

シースルーバング
前髪を短くカットして、透明感のある印象を与えます。フェイスラインを優しくカバーするように長めにカットすると、よりエレガントな印象に仕上がります。

ショートレイヤー
ヘアスタイルのボリュームに悩まされる方には、ショートレイヤースタイルがおすすめです。広がりすぎないように、スタイリング剤を控えめに使って、自然な仕上がりにします。

アシンメトリーボブ
前髪を一定の長さでカットして、片方に流すようにスタイリングすることで、フェイスラインをシャープに見せることができます。しっかりとレイヤーを入れることで、柔らかく優雅な印象に仕上げます。

パーマレイヤー
カールを作ることでボリューム感が出るので、軟らかなカールを作ったり、毛先のみを緩くカールさせると、若々しい印象になります。

以上、60代のミディアムレイヤースタイルでもおばさんぽくなくおしゃれなスタイルの例を挙げてみました。髪質や好みに合わせたスタイルを選んで、自分に合ったおしゃれな髪型を楽しんでください。

手入れが楽な髪型。60代のセミロングで解説

手入れが楽な60代のセミロングスタイルには、以下のような髪型があります。

ロングボブ
鎖骨あたりの長さで、前髪をシースルーにカットすることで、簡単にスタイリングできるヘアスタイルです。ブラシでとかしただけでも、ナチュラルな動きが出ておしゃれな印象に仕上がります。

ミディアムヘアのレイヤースタイル
レイヤーカットを施すことで、髪全体に動きを出すことができます。セルフカットで簡単にスタイリングすることもできますし、自然乾燥させて仕上げることもできます。

無造作ボブ
ボブスタイルに無造作感を加えることで、エフォートレスな印象を演出できます。ドライヤーで手際よく乾かすだけで良く、簡単にスタイリングができます。


ショートレイヤー
ミディアムとショートの中間長さで、髪全体に細かいレイヤーを入れることで、軽さと動きを与えることができます。スタイリング剤を少量つけて、全体を揉み込むだけの簡単スタイリングがおすすめです。


ワンレングスヘア
全体的な長さを揃えたワンレングススタイルは、簡単にスタイリングできます。ヘアアイロンやカーラー、セルフカットでスタイリングすることもできます。

以上が、60代のセミロングスタイルで手入れが楽なヘアスタイルの例です。自分の髪質やライフスタイルに合わせて、簡単にスタイリングできるヘアスタイルを選んでみてください。

60 代のショート ヘアで前髪ありはおばさんっぽくてダサい?

60代のショートヘアに前髪を入れることがおばさんっぽくてダサいかどうかということは一概には言えません。

どのようなスタイルになるかは、前髪のカットの方や、髪質、お好みなどによって異なります。

例えば、前髪をシースルーにカットして、フェイスラインを柔らかく見せたり、眉毛よりも短めにして手入れをしやすくするなど、個性的かつさまざまなアレンジ方法があります。

また、前髪があることで、若々しくエレガントな印象を与えるスタイルもあります。

逆に、前髪のカット方法や髪質、スタイリング方法によっては、おばさんっぽく見えてしまうこともあります。

前髪が短すぎたり、ハードな印象になってしまう場合があるため、注意が必要です。

結局は、個人のお好みや希望によって最適なスタイルが異なるため、美容師さんに相談して、自分に似合うヘアスタイルを見つけるのが良いでしょう。

60 代でぽっちゃりさんに似合う髪形

60代でぽっちゃりさんに似合う髪形には、以下のようなスタイルがあります。

ロングボブ
首の後ろから鎖骨あたりまでの長さで、顔周りにレイヤーを入れて軽やかな印象にします。また、前髪をシースルーにカットすることで、さらに縦長の印象を与えることができます。


ミディアムヘア
顎くらいの長さで、レイヤーカットでボリュームをコントロールしながら、ふんわりとした印象を演出します。前髪は短めにカットするか、シースルーにすることで、小顔効果を期待できます。


ショートヘア
首周りをスッキリと剃ったショートヘアは、シャープな印象を演出することができます。顔周りにレイヤーを入れたり、前髪をカットすることで、程よい柔らかさをプラスしましょう。


ウィッグ
髪のボリュームに悩んでいる方は、ウィッグを取り入れることで、自分に似合う髪型を簡単に試せます。また、手入れが楽なウィッグも多く、忙しい方におすすめです。


それぞれの髪型に合ったヘアアレンジやスタイリングを取り入れることで、よりおしゃれで魅力的な印象になることができます。

また、自分の髪型に合ったヘアアクセサリーや帽子を取り入れて、さらにアクセントを加えるのも良いでしう。

まとめ

60代女性におすすめのおしゃれな髪型についてのまとめは以下のとおりです。

・ボブカットやショートヘアなどのスタイルで若々しい印象を与えられます。また、レイヤースタイルやアップヘア、ミディアムヘアなどの髪型もオススメです。

・60代の方でもおばさんぽくない、おしゃれなスタイルを選ぶことができます。

・ヘアスタイルは個人の好みや髪質、顔型に合わせて選びましょう。

・手入れが楽なヘアスタイルにはロングボブやワンレングスヘアなどがあります。

・60代の方でも前髪を取り入れたヘアスタイルはダサくないです。前髪のカットの仕方や、髪質、好みによって異なるため、美容師さんに相談しましょう。

・ぽっちゃりさんには、ロングボブやミディアムヘアがおすすめです。

・ウィッグを取り入れることで、ボリュームや髪型を簡単に試せます。

以上のまとめを参考に、あなたにぴったりな髪型を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク
【お知らせ】 当ブログの掲載情報は常に最新の情報提供に努めていますが、記事公開後に元の情報が変更される場合があり、情報の正確性を保証するものではありません。 掲載されている情報は、あくまで参考情報としてご利用ください。情報の適切性についてはご自身で判断し、ご利用ください。 掲載されているリンク先の情報は、当ブログが管理しているものではありません。リンク先の情報を利用する際は、すべて利用者ご自身の責任で判断した上でご利用ください。 当ブログの情報は、掲載情報やリンク先の情報を利用したことによる損失や不都合について、一切の責任を負いませんのでご了承ください。
美容

コメント

error: Content is protected !!