PR

唐津シーサイドホテルの西館と東館の違い。レストランの朝食・夕食、新館の様子をブログで紹介!

旅行
記事内に広告が含まれています。

2024年3月下旬、唐津シーサイドホテルの東館(新館)に宿泊してきました!

過去に西館にも泊まった事があるのですが、東館は新館なので白を基調としてモダンな感じでおしゃれです。

西館と東館の大きな違いは、東館にはスパラウンジがある事です!室内と屋上の温水プールが季節問わず入れるので、子供たちは屋上の温水で楽しそうに泳いていました。

私は楽天トラベルでいつも予約しています。時期によってポイントUPや割引クーポンがあるのでお得です。

楽天トラベルで割引クーポンを見てみる>>>

この記事では、西館、東館の違いの詳細に加え、東館の部屋の様子や、夕食、朝食のバイキング、温泉についてご紹介します!

唐津シーサイドホテルの西館と東館の違い

唐津シーサイドホテルの東館には室内の温水プールや岩盤浴、アロマサウナ、ミストサウナ、アイスサウナやジムが無料で利用できます。

これらは東館の宿泊者だけが利用できます。

東館は新館なので新しくモダンな印象です。西館は広い洋和室に泊りましたが、西館も部屋の内装はきれいだったので居心地は良かったです。

価格面では、新館で設備が整っているだけあり、東館の方が高いです。

料理は私が行ったときは、東館も西館もライブキッチンの同じレストランでバイキングを楽しむ事が出来ました。

ですので、ジムや岩盤浴、温水プールを利用せず、少々古い館でも安い方がよいという方は西館。

ジムや温水プールが利用したい方は東館がおすすめです。

楽天トラベルでプラン一覧を見てみる>>>

西館に泊ったときの様子も記事にまとめているので、良かったら参考にして下さいね。

西館に泊った様子はこちら>>>

唐津シーサイドホテルの東館に泊った様子をブログで紹介

まず、ロビーの天井が高く、生花が飾られていておしゃれな雰囲気です。フロントの方の対応もとてもよく、丁寧にお迎えしていただきました。

部屋はもちろん、エレベーターに乗るのにもカードキーが必要です。

部屋は、かわいらしくモダンな感じで、部屋に入った瞬間子供たちも大喜びでした!

部屋に置かれていたお茶菓子はシャトレーゼ系列のホテルだけあり、シャトレーゼの美味しそうな焼き菓子やお菓子が置かれていました。

館内着の浴衣や室内着も引き出しの中に入っています。今回子供用もありますが、先にフロントで身長を伝えるとピッタリのサイズの浴衣を準備してくれました。

流し台がついているので、手を洗ったり、コップを軽く洗う事ができ便利です。

部屋にはコーヒーマシーンがあり、グラスも数多く置いてありました。コーヒーマシーンは無料で自由に使用できます。

洗面台の引き出しにアメニティが入っています。ヘアブラシ、ヘアゴム、バスキャップ、ボディタオル(体をこするタオル)、歯磨き、歯磨き粉、綿棒とあり、歯ブラシはオーガニックの竹素材でできていて、細かい部分にもこだわりを感じました。

特にヘアブラシは使い心地が良く、私はとっても気に入りました!

トイレも自動でふたが開くので、かがまなくて良いのが便利です。壁紙もとてもステキでした。

部屋からは唐津湾が見渡せ、絶景です!ベランダには椅子があるのでそこの座って、波の自然の音を楽しむ事が出来ました。

普段、ゆっくりと波の音を聞く機会がないので、ここぞとばかりに私は楽しんでいました。

部屋からは夏季のみ入れる屋外プールが見えました。

この日は曇りだったので初日の出が見れなかったのが残念ですが、翌朝の朝焼けもとてもきれいでしたよ、

楽天トラベルでプラン一覧を見てみる>>>

シャトレーゼのケーキが食べられる!

唐津シーサイドホテルは2023年12月にシャトレーゼ系列のホテルとなった事で、到着して15時から17時の間、フロントでケーキを一人1個もらえます。もちろん無料です。

今回、プレインアラモード、チーズケーキ、イチゴのショートケーキを選びました。

部屋で食べてもよいし、フロントのそばにあるソファーでも食べる事ができます。

ケーキボックスに入れてくれるので、私たちは部屋でゆっくりと食べました。ただ、ケーキ用のお皿が無かったので、ティーカップの皿にケーキをのせて食べました。

豪華なお茶菓子に子供たちも大喜びでした。

楽天トラベルでプラン一覧を見てみる>>>

スパラウンジ・温水プール

チェックインして、ケーキを食べた後は東館の一番の目的の屋上にある温水プールに向かいました。

水着はあらかじめ持っていきましたが、借りることも可能です。

前に壁などのさえぎるものがなく一面に広がる唐津湾の絶景を楽しむ事ができます。子供用の救命胴衣があるので、子供たちは着用して入り、楽しそうに泳いでいました。

浅い部分と120㎝の深い部分があります。私は浅い部分で足湯をして楽しんでいました。

プール付近には横になれる椅子や、景色を楽しめるソファーが置かれています。

日々の日常を忘れて、絶景を堪能するにはおすすめの場所です。

楽天トラベルでプラン一覧を見てみる>>>

夕食バイキング

そして、もう一つの楽しみはバイキング!

イカ、サーモン、ハマチ、エビ、しまあじのお寿司もあります!はまちのお刺身もあり、刺身好きの私としてはテンションが上がります!

夕飯は17時30分からで、チェックイン時に、何時からが良いか時間を聞かれます。私たちは17時30分からにし、窓際の席を擁していただきました。海を眺めながら優雅に美味しい料理を堪能する事ができ、子供たちも私も大満足です!

シュウマイや、季節のタケノコのお饅頭のあんかけ、ステーキ等を堪能しました。

ステーキはライブキッチンで、料理人の方が鉄板で焼いてくれます。以前食べたときもすごく美味しくて、今回も期待を裏切らない美味しさでした!

イカのお造りも出てきます。今回事前に「小さめのイカにして下さい」とお願いしていたので、小さめのイカで、多すぎず、少なすぎずちょうどよかったです。

お刺身を食べたら、足の部分や食べきれない部分をお願いすると天ぷらにしてくれます。

バイキングなので、色々な種類の料理を少量ずつ楽しめるのが良かったです。

子供用のお皿や、お子さんでも食べられるパンやデザートも種類が豊富でした。

デザートはもちろんシャトレーゼのものです。

楽天トラベルでプラン一覧を見てみる>>>

温泉

夕食後、少しして温泉に行きました。

早い時間の夕食だったので、温泉に入ってる間は他の方が夕食に行っていたためか、貸し切り状態でゆっくりと入る事ができました。

脱衣所や温泉ないはカメラ禁止なので写真はありませんが、清掃が行き届いたきれいな脱衣所でした。

また、シャンプーやリンス―、ヘアケア用品はDHCのメーカーのもので統一されていました。

また、脱衣所には500mlのペットボトルの水が置いてあり、無料で飲むことができます。

温泉も室内、室外とあり、温度は42度ほどでのんびり足を延ばして入る事ができゆったりとできました。

楽天トラベルでプラン一覧を見てみる>>>

朝食バイキング

翌朝の朝食バイキングは一番早い7時からお願いしましたが、7時にバイキング会場にいったときには、既に人が多くいました。

お目当ての唐津茶づけのコーナーは人だかりができていたので、すいてる時を見計らっていきました。

唐津茶づけは、イカ、ハマチ、タイ、をご飯の上に乗せ、だし汁を載せて各自で作ります。

私は色々なものを少量ずつ食べたかったので、唐津ちゃずけも控えめに盛り付けました。イカもコリコリとしていてとっても美味しかったです!

唐津名物のイカシュウマイもあり、迷わずいただきました。

デザートは全てシャトレーゼのものです。プリンやヨーグルトはカップのまま置いてあるのでかなりのボリュームです!

子供たちは嬉しそうにプリンやシフォンケーキを食べていました。

デザートコーナーにはフルーツや、ヨーグルト、シリアルもあります。私はフルーツのパイナップル、オレンジ、リンゴ、ライチをいただきました。

種類が多かったので、少量ずつとり、色々な味を朝から堪能して楽しめました♪

水餃子、アジフライ、牛肉の鉄板焼き、イカシュウマイ、ハム、切り干し大根。

子供たちもソーセージやフレンチトースト、卵焼き、パンと好きなものを堪能していました。

色々な種類のものを食べたいときや、子供の食べ残しが気になる方は朝、夕とバイキングが選択できるシーサイドホテルは、本当に料理もおいしくておすすめです。

楽天トラベルでプラン一覧を見てみる>>>

まとめ

前回は西館に泊り、部屋も広くて料理が本当に美味しくて感動したので、今回は東館に宿泊しました。

東館も温水プールがありまだ肌寒い季節でしたが、子供たちも大満足で1日ホテルで楽しむ事ができました。

館内も広すぎず、狭すぎず、温泉や、スパ、バイキング会場に移動するのにちょうどよい大きさです。

子供たちもすごく楽しかったようで、また行きたいホテルの1つです。

室内プールが付いているのでお子さんと楽しみたい方に、おすすめのホテルです。

楽天トラベルでプラン一覧を見てみる>>>

西館に泊ったときの様子も記事にまとめているので、良かったら参考にして下さい。

西館に泊った様子はこちら>>>

【お知らせ】 当ブログの掲載情報は常に最新の情報提供に努めていますが、記事公開後に元の情報が変更される場合があり、情報の正確性を保証するものではありません。 掲載されている情報は、あくまで参考情報としてご利用ください。情報の適切性についてはご自身で判断し、ご利用ください。 掲載されているリンク先の情報は、当ブログが管理しているものではありません。リンク先の情報を利用する際は、すべて利用者ご自身の責任で判断した上でご利用ください。 当ブログの情報は、掲載情報やリンク先の情報を利用したことによる損失や不都合について、一切の責任を負いませんのでご了承ください。
旅行

コメント